動かない手で一生懸命書きました。最後に勝つ負け方を知っておけ。青春出版社 アントニオ猪木|アントニオ猪木「最後の闘魂」チャンネル

購入はこちらから

最後に勝つ負け方を知っておけ

紹介
借金、強敵、挫折、造反、離婚…初めて明かされた内面の葛藤は、常人には及びもつかない痛みに満ちている。にもかかわらず、なぜ猪木は常に強く、明るく、前向きに生きてこられたのか。アントニオ猪木が40代後半、自らの人生の転機で著した初の自己啓発書が、ついにリニューアル&カラー口絵付きで文庫化。“100年に一人の逸材”棚橋弘至の激烈「猪木論」も全文掲載!

目次
文庫化に寄せて──負けてなおマウントをとるアントニオ猪木の恐ろしさ! 棚橋弘至
1章 本当に強い人間は“負け方”がうまい
2章 “心の貧乏人”になるな
3章 苦しいときほど、かしこく開き直る
4章 「下座の心」を持てば、人生ラクになる
5章 最後まで自分を裏切らない生き方

著者プロフィール
アントニオ猪木 (アントニオイノキ) (著/文)
1943年横浜生まれ。本名・猪木寛至。57年、家族とともにブラジルへ移住。60年に力道山にスカウトされて帰国し、日本プロレスに入団。同年9月、大木金太郎戦でデビュー。71年に日本プロレスを追放され、翌年、新日本プロレスを旗揚げする。ボクシングへビー級王者モハメド・アリとの「格闘技世界一決定戦」を行うなど、常に戦いの新たな地平を示し続け、プロレスの黄金時代を築く。89年には参議院選挙に出馬し、プロレスラー初の国会議員になる。98年に現役引退。2013年からは2期目の参議院議員を務め、19年に政界引退。おもな著書に『アントニオ猪木 闘魂語録大全』(宝島社)、『猪木力 不滅の闘魂』(河出書房新社)など多数。

アントニオ猪木公式Youtubeチャンネル「最後の闘魂」
チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UComGgtc9jFMmhR3qDCOsbXQ?sub_confirmation=1

#アントニオ猪木

コメントを残す