アントニオ猪木デビュー60周年記者会見!井上尚弥、オカダ・カズチカ、中邑真輔、明石家さんまらが祝福!|アントニオ猪木「最後の闘魂」チャンネル

0

1960年9月30日、台東区体育館にて大木金太郎を相手にデビュー(当時は本名の猪木寛至)。あれから記念すべき60周年の節目を迎えた。

 10月31日(日本時間11月1日)にラスベガスで防衛戦を控えるボクシングのWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)を始め、K-1の創始者で正道会館館長でもある石井和義氏、ピーター・アーツ、坂口征二、北沢幹之、木村健悟、小林邦昭、藤原喜明、栗栖正伸、木村健悟、ウイリアム・リーガルらが画面に登場。

 横綱白鵬は「落ち着いたらぜひ会いに行きますので、いろんな話を聞かせてください」とコメント。フリーアナウンサーの古舘伊知郎は「闘う旅人のロマンは一切終わっていません。どうか猪木さん、この後の仕事、頑張っていただきたいと思います」とエールを送った。

 また、新日本プロレスの“レインメーカー“オカダ・カズチカは「元気の雨を降らせて」と願いつつ、「ぜひ新日本プロレスの会場でお待ちしています」と新日本のリングへ招待した。PRIDE時代から交流のあるRIZINの榊原信行CEOも「できればRIZINの会場にお越しいただいて、元気ですかー! とごあいさついただけたら」と来場を呼びかけた。

 さらに、WWEの中邑真輔が登場。若手時代に猪木氏から学んだことを「大きな財産」と振り返り、「これからも元気を継続していって欲しいと思っています。イヤァオ!」と結んだ。

 最後はお笑いタレントの明石家さんまが「本当に卍固めやコブラツイストを見て、プロレスラーになろうと、トレーニングに励んだ中学時代もあった。一番の思い出は、永久電池。全然始動しなかった。すごい失敗だった。猪木さんのためにも(放送を)カットしましょうと言いに行ったところ、『流してよ!』。私はあの時、感動いたしました」とエピソードとともに、猪木氏を祝福した。

デビュー60周年記念イヤーに、今月28日に「猪木力~不滅の闘魂~」(河出書房新社刊)、この日、「アントニオ猪木世界闘魂秘録」(双葉社刊)の著書が2冊発売となったことが発表された。さらに今後、来年1月にJTB主催となる猪木氏と楽しめる募集型ツアーを計画、来年夏に「アントニオ猪木Blue―ray BOX」を発表。60周年記念フィギュア、日本酒ボトルを販売するなど様々な分野で60周年イヤーに花を添えることが明らかになった。

アントニオ猪木公式Youtubeチャンネル「最後の闘魂」

チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UComGgtc9jFMmhR3qDCOsbXQ?sub_confirmation=1

#アントニオ猪木

コメントを残す