アントニオ猪木リングデビュー60周年スペシャル企画『猪木ジャパン!』|アントニオ猪木「最後の闘魂」チャンネル

0

新宿「ビームス ジャパン」4階の<トーキョー カルチャー by ビームス>では、2020年8月28日(金)から9月16日(水)の会期にて、1960年9月にプロレスラーとしてデビュー、日本のプロレス界を牽引してきたレジェンド“アントニオ猪木”のデビュー60周年を記念した『猪木ジャパン』を開催いたします。
ポップアップ・ショップでは、プロレスをこよなく愛するブランドで人気の<タコマフ ジレコード(TACOMA FUJI RECORDS)>を初め <MOBSTYLES(モブスタイル)>、<PUNK DRUNKERS(パンクドランカーズ)>、<wayp music(ウェイプミュージ ック)>など、個性にとんだブランドとのコラボ商品を販売します。
また、東京スポーツ新聞社(東スポ)協力のもと、東スポに保管されている膨大なアーカイブの中から、特に貴重な写真を厳選し、写真の展示も開催する予定です。
この貴重な機会に是非、お店にお立ち寄りください。

アントニオ猪木
元プロレスラー・元参議院議員。1943年2月20日生まれ、神奈川県横浜市出身。AB型。1960年にブラジルで力道山にスカウトされプロレスデビュー。東京プロレス、新日本プロレスを旗揚げし、数多くの試合で活躍。1976年6月26日に日本武道館においてプロボクシング統一世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリとの異種格闘技戦、3分15ラウンドを戦い引き分けとなった。1989年に参議院議員選挙で当選し、初の国会議員プロレスラーとして話題となった。1990年8月2日フセイン政権下のイラクが突如クウェートに侵攻(湾岸戦争)。クウェートにいた日本人41人などを事実上の人質としてイラクヘ連行する。猪木はイラクで「平和の祭典」を行うことを発表し、このイベントの開催後、在留日本人と全人質が解放された。1998年に現役引退後は映画・CM 出演など多方面で活躍。2010年に日本人初のWWE『殿 堂(ホール・オブ・フェーム)』に認定された。2019年政界引退。

アントニオ猪木公式Youtubeチャンネル「最後の闘魂」

チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UComGgtc9jFMmhR3qDCOsbXQ?sub_confirmation=1

#アントニオ猪木

コメントを残す